蟻を飼う~ムネアカオオアリ飼育ブログ

蟻飼育初心者のムネアカオオアリ飼育奮戦日記

たんぱく質系の餌(その2)

calendar

スポンサーリンク

餌の紹介 ~たんぱく質系編2~

たんぱく質系の餌(その1)で飼育開始当初から与えていた餌をご紹介しましたが、今回はその後追加していった餌を取り上げてみたいと思います。
その1と同様に生餌は除外しております。
たんぱく質系の餌 その2
上の写真の左から、「パックDE赤虫」(その下は小分けしたもの)、右隣が「ペティオできたて厨房蒸しササミ」(下は乾燥させて小分けしたもの)、さらに右が「ペティオできたて厨房蒸しかつお」(下は同じく)、一番右の列上から、商品名は忘れましたが犬のおやつで確かビーフのキューブ(半生っぽい感じ)とそれを細かく切ったもの、その下が「キョーリン ザリガニのエサ」、一番下が鮭フレークを乾燥させたものです。

パックDE赤虫

金魚・熱帯魚の餌です。乾燥赤虫をほとんど食べなくなったのでこちらを買ってみました。半生というのと「色揚げ効果バツグン!」に釣られました。(魚の色揚げなんですけどね)
残念ながら全く食べませんでした。(T T)
もっとコロニーが育ったら再チャレンジするつもりです。

ペティオできたて厨房 蒸しササミ

猫のおやつとして販売されています。蒸したササミをそのまま真空パックしたという感じで、結構しっとりしてます。そのまま与えて巣の中に持ち込まれたらカビの原因になると思い、細かくしてから完全に乾燥させました。
これは大ヒット!ものすごく良く食べてくれます。

ペティオできたて厨房 蒸しかつお

上のと同シリーズのかつおです。全く同じように完全乾燥して与えています。
これも良く食べます。鰹節はほとんど食べてくれないのですが、同じ鰹でもこちらは好きなようです。ほたてとかにの旨味エキスが効いてるからなんでしょうか?

犬のおやつのビーフキューブ

ビーフキューブ

元々は自宅で飼育しているオカヤドカリに与えるために買ったものです。オカヤドカリはほとんど食べなかったので、ムネアカオオアリたちにあげてみました。
アリさんたちは全く食べませんでした・・・。

キョーリン ザリガニのエサ

こちらはオカヤドカリの主食です。もしかしたら食べるかもしれないと思い与えてみました。
一度、巣の中に運び込んだので「これは食べるか?」と期待しましたが、しばらくすると餌場に捨ててありました・・・。
なんで一回巣に持っていったのかは不明です。再チャレンジの余地ありかもです。

鮭フレーク

鮭フレーク

人間用です。家の冷蔵庫にあったので、ティースプーン一杯分失敬しました。一応「塩分控えめ」と書いてあったと記憶しています。ササミ、かつおと同様に与える前に完全乾燥しました。
今まで紹介したたんぱく質系の餌の中でこの鮭フレークが食いつきナンバーワンです。もしかしたら塩味大好き?

現在は、煮干・ササミ・かつお・鮭フレークをローテーションして与えています。札幌では自然界の虫たちは活動を始めておらず、生餌の捕獲は不可能なのでもうしばらくはこれらの餌がメインでの飼育になりそうです。

江戸井 康宏

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




この記事をシェアする